FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会合でもごみ分別を呼びかけよう!(成功事例)

5月18日から20日までの3日間、鎌倉生涯学習センターで、第14回市民活動の日フェスティバルが開催されました。

18日は午前中、各団体がパネル展示後内覧会。ゆっくり展示物を見て回り、展示パネルの出来栄えを投票。午後は軽食を摂りながら参加団体の交流会でした。

会費500円にしては豪華な品々。真っ赤な四角い箱の中におにぎり、サンドイッチ、ミカン、大きなシュークリーム、その他にお菓子とお茶。50人近くの人が参加しました。

「会費以上の豪華さ。でも食べた後ごみが大変。最初に分別協力をお願するとよいかも知れない。」そのつぶやきが同じテーブルのスタッフの耳に届き、「そのことを今皆さんに伝えてほしい」とご指名がありました。

「今日の豪華な昼食は実行委員の方々の心尽くしの品と聞いております。有難うございます。ところで召しあがる前にお願いがあります。

①赤い紙の箱は食後糊しろを開いて重ねましょう。②おにぎり、お菓子などのプラマークはこのレジ袋に入れてください。③コップは鎌倉ゆうふうのリユースコップを1個25円で借りているそうです。100個単位だと鎌倉市 リユース食器利用費補助金交付制度の対象となりごみ減量になります。

コップに注いだ飲み物は、残さず飲み干してくださいますよう、以上ご協力をよろしくお願い致します。」

各団体の紹介など楽しく和やかな時が過ぎ、皆様の分別協力度は100点満点。紙容器は市役所の紙類回収箱に、ミカンの皮は市役所内展示のキエーロ生ごみ処理機に。プラマークとペットボトルはつぶしてスタッフが持ち帰り資源ごみに。燃やすごみは手のひら乗る程でした。

最初に分別を呼び掛けたことで参加者のご協力が得られ、こんなにもごみが少なくなったことに驚き、感激しました。

ごみ減量にもなり、幹事さんの負担も少なくなるこの方法が、広まるとよいですね。
スポンサーサイト

ごみ出しのきれいな鎌倉市民

昨日異業種の方々との会議に出席した時、とても嬉しい発言をされた若い人がいました。

「2年前鎌倉に引っ越してきて、まず驚いたのはごみの出し方がきれいなこと。ペットボトルのキャップをとり、ラベルも全部剥がしてあるのにビックリしました。」


リサイクルは単一素材に分けることが原則、資源としての価値も高まります。

ペットボトルは①ふたがポリプロピレン、②容器がポリエチレンテレフタレート、③ラベルはポリスチレン等3つの素材が使われています。市民の分別意識が高い鎌倉のペットボトルは上質だから、Aランクでリサイクルされます。

でもちょっと待って。ペットボトル飲料を使い過ぎていませんか? 安直にペットボトルに頼るライフスタイルも、見直したいですね。

クリーンステーション だめシールを貼られたごみ袋

だめシールが貼られたごみ袋

今日は燃やすごみを出す日でした。帰ってきた家人が 「クリーンステーションに紙が沢山入っている袋が残してあるよ。見てきてご覧。」 手伝えるものならと思って見にいきました。

「分別して出してください」 ごみ袋3個にだめシールが2枚。中身の多くは紙類。最も多いのがたばこの空き箱です。その量の多さに唖然。7日のブログにも燃やすごみに出された大量のたばこの空き箱について書いたばかりなのに・・・(ちなみに7日はマルボーロ、今日はセブンスターの空き箱でした)。

このままにして置くわけにもいかないので、ごみ減量推進員さん(正しくは廃棄物減量化等推進員)に連絡して処置を話し合いました。飼い犬の毛が混じっていて、ほぼ出したお宅の見当もついたので推進員さんが話をしてくださることになりました。

商店会や自治・町内会長から推薦され、市から委嘱されたごみ減量推進員の役割は、資源循環課からのごみに関する情報を地域に伝えたり、ごみ出しルールの徹底に心配りを担っています。

鎌倉は道が狭く、限られた時間、交通渋滞にも気を使いながらごみ収集をする人達、ごみ減量推進員さんにもお世話になっていることも考え、ごみ出しルールを守り合えるようにしたいですね。

未だに徹底しないごみの分別

今日(1月6日金曜日)は年明け、燃やすごみを出す最初の日でした。買い物帰りクリーンステーションを見てびっくり。群れたカラスが頑丈な金網からごみ袋を突っつき、あたり一面ごみだらけ。

年末年始1回だけお休みがあっただけなのに、出された袋は大きくズシリと重い。いたずらされないように袋の積み替え。その中に沢山のたばこの空き箱、その他紙類が混ざった袋がありました。

たばこの箱は良質の紙 ごみにするにはもったいない。 
 (1)外側のフイルムは容器包装プラスチック (2)中の銀紙は燃やすごみ (3)空き箱の紙は資源物
 紙は紙資源の日に出してほしい。

正月三が日若宮大路を清掃した時も、たばこの空き箱を6コ拾い、家に持ち帰り分別しました。

つい最近リサイクル業者から聞いたお話。「燃やすごみから紙を資源化すると、ごみはぐんと減りますよ。」 現場を熟知している人の話には説得力がある。「物には命がある。」ともその人は言います。

ごみにせず再使用し、物の命を長らえるよう心がけたいものですね。
プロフィール

超Takaさん

Author:超Takaさん
家庭から出されるごみは、貧富の差とは必ずしも比例しない。
ごみの量は、その人の生き方そのもののように思えてなりません。そういう思いを共感できたらいいなー 

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。