FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生ごみ処理機購入のお宅を訪問しました

新築の庭先には生ごみ処理機設置場所も用意してありこれから大活躍が期待されます

3月1日家の新築を機に、生ごみ処理機を設置されるという梶原山のAさん宅を訪問しました。選ばれたのはバイオクリーン

お忙しい中、快く取材に応じてくださったAさん。生ごみの自家処理歴は約10年だそうです。

最初試みたのはコンポスト。半分土に埋めるタイプを2台使用。1台目がいっぱいになったところで6ヶ月くらい休ませて堆肥に、その間もう1台に切り替え交互に使用しました。しかし、穴を掘ることや中の堆肥を取り出すのにだんだん負担を感じるようになりました。

次に使ったのが穴を掘らずに済むコンポスト。しかしこれも堆肥を掻きだすのが大変でした。

家を建て替えることになり5ヶ月間アパート暮らしをしました。これまで生ごみはずっと自家処理で堆肥として使用。燃やすごみの日に出すごみの量は少なかったので、借家暮らしの間、生ごみを燃やすごみ袋に入れて出すことにずっと抵抗感がありました。

【今回バイオクリーンを選ばれたわけは?】
笛田リサイクルセンターに行って生ごみ処理機の現物を見たり、インターネットでも調べてよさそうなので決めました。

お忙しい中をご協力ありがとうございました。

コメント
●「バイオクリーン」の生ごみ処理能力:最大1日2Kg   
●1カ月の電気代:約600円  
●価格:6万8千円(その内市からの補助:4万円)
●「バイオクリーン」の利点:バイオ基材が長持ち。取り換え頻度が少ない
販売者CKSプランが鎌倉市内なのでアフターフォローをしてもらえる  などが挙げられます
スポンサーサイト
プロフィール

超Takaさん

Author:超Takaさん
家庭から出されるごみは、貧富の差とは必ずしも比例しない。
ごみの量は、その人の生き方そのもののように思えてなりません。そういう思いを共感できたらいいなー 

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。