FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大地の恵み 食材を使い切る知恵

今が旬のブロッコリー。ご飯党の我が家では、朝食に具だくさんの味噌汁が定番。その味噌汁の具にブロッコリーの芯も良く登場します。今日買ってきたブロッコリーは、茎が硬そうなので、茹でて外側をむき、芯を使いました。ビタミン、ミネラルを多く含み、がん、動脈硬化、高血圧の予防にも有効とか。

「100円ショップで見つけたの。とても便利よ。薬味に使う葱の小口切りも、料理を器に盛ってその上からスライスするの。まな板も包丁も汚さずとても重宝よ。」と友人からのプレゼント。
 
120331.jpg

調理器具を極力置かないようにしているものの、このスライサーはとても便利で大活躍。
「芯は薄く切ってね。」という主どのの注文にも応えることができ、出番が多く良きパートナーとなりました。

120331a.jpg

スポンサーサイト

エコ 生ごみを乾かす

生ごみは,元を辿れば大地から生まれたもの。土に埋めて大地に還すのが理想的です。しかしそれが出来ない場合は、乾かして減量することもできます。

春まだ浅いこの季節。ミカンとハッサクの皮をストーブの温風吹き出し口の前に置くだけで、152gが1時間半後には57gに。生ごみが3分の1になりました。

こんな方法もエコでち
ょっと楽しい。空気が乾燥しているこの季節、加湿効果も得られます。


120316.jpg
ストーブの温風吹き出し口に近づけすぎて、火事にならぬようくれぐれもご注意ください!

「(仮称)たまや鎌倉手広店」地元説明会に出席しました

鎌倉市笛田の江ノ電バス車庫跡地に「(仮称)たまや鎌倉手広店」 を建てるに当たり、3月21日午後6時から、深沢行政センターで説明会があると知り出掛けました。

話は店舗名たまやの由来、初代が茅ケ崎の飴屋さんだったこと、神奈川県下に9店舗あることから始まり、今回笛田に建てるお店について、神奈川県知事に届け出た資料「大規模小売店舗立地法」に沿ったものでした。
生鮮食料品とドラッグストアを商うというスーパーたまや。質疑応答で生ごみの扱いについて質問。
「冷蔵ストックし、匂いが外部に漏れないよう適切に扱う」という回答でした。

私は鎌倉のごみ事情、2か所あるごみ焼却場が2年後に1ヵ所閉鎖されること。それまでに1万トンのごみ減量を迫られていること。中でも生ごみが多くを占めていることを話し、

新規参入のモデルケースとして、是非生ごみ処理機の導入で自家処理をして頂けないかと提案しました。

この質問と提案は意外だったようで、主催者側は興味を持ち、好意的に受けてめてくださったようでした。実現するよう期待しています。

「くるくる」鎌倉市役所広場 最後のイベント お待ちしています

かまわ」のイベント  
 
◆日時:3月13日(火)10:00~14:00 ※雨天の場合は、中止です。
◆場所:鎌倉市役所広場 


☆「いらないけれど、もしかしたら誰かの役に立ちそうな物」がある方は持ってきていただきます。

☆「くるくる」に並んでいるもので必要なものがあれば、全て無料でお持ち帰り頂けます。

☆持ってくるだけ、持って帰るだけでもOK。

とてもシンプルだけど、必要なものが無料で手に入る、そしてお家がスッキリ整理整頓できる、
一度はまるとやみつきになるのが「くるくる」の魅力です。

それだけではありません。「くるくる」は、
ものを介して人と知り合ったり、おしゃべりが弾んだりと、「お金を出して買う」だけでは
得られないあたたかさや楽しみを体感できる場です。

「お金をかけない(お金では買えない)豊かな生活」を実現するために、
「くるくる」を開催しています。


【くるくるのルール】
■ 持ち込み品は、残った場合お持ち帰りをお願いしています。
 ※その場にずっといる必要はありません。
■ お持ち込みはなるべく早めにお願い致します。
■ 会場では運営費としてカンパを募っています。

【くるくるできるもの】
■ 日用品なら、なんでも。
■ 洋服・靴・アクセサリー・かばん・食器・ぬいぐるみ・雑貨・本・旅先の不思議の土産などなど。
 ※ただし、次の持ち主がこころよく使える状態のもの。

【くるくるできぬもの】
■ 大型家具・家電製品(お困りの場合は、リユースネットかまくらなどもあります。)
■ 食品 ※人間の食べ物はもちろん、ペットフードなども。
■ 亭主 ※できません。引き取り手のいない場合は必ずお持ち帰りください。


お問い合わせ:info@kamawa.net(メールのみ)
当日お問い合わせ:090-3902-9121(宇治牧子)

3月25日古着・古本リサイクル市  今献品を受け付けています

古着・古本リサイクル市ご案内 ほしいものが見つかるかも

3月25日(日)笛田リサイクルセンター(鎌倉市笛田1-11-34)で古着・古本リサイクル市が開催されます。
主催は3R啓発活動をしているNPO法人鎌倉リサイクル推進会議。今、古着・古本の献品を受け付け ています。
この際、家を整理するチャンス。「あなたがいたないものでも、だれかのたからもの」
●受け付け期間:3月1日(木)~3月21日(水)
●受け付け時間:10時~16時(土日祝は除く)
●問合せ先:0467-32-9094

生ごみ処理機購入のお宅を訪問しました

新築の庭先には生ごみ処理機設置場所も用意してありこれから大活躍が期待されます

3月1日家の新築を機に、生ごみ処理機を設置されるという梶原山のAさん宅を訪問しました。選ばれたのはバイオクリーン

お忙しい中、快く取材に応じてくださったAさん。生ごみの自家処理歴は約10年だそうです。

最初試みたのはコンポスト。半分土に埋めるタイプを2台使用。1台目がいっぱいになったところで6ヶ月くらい休ませて堆肥に、その間もう1台に切り替え交互に使用しました。しかし、穴を掘ることや中の堆肥を取り出すのにだんだん負担を感じるようになりました。

次に使ったのが穴を掘らずに済むコンポスト。しかしこれも堆肥を掻きだすのが大変でした。

家を建て替えることになり5ヶ月間アパート暮らしをしました。これまで生ごみはずっと自家処理で堆肥として使用。燃やすごみの日に出すごみの量は少なかったので、借家暮らしの間、生ごみを燃やすごみ袋に入れて出すことにずっと抵抗感がありました。

【今回バイオクリーンを選ばれたわけは?】
笛田リサイクルセンターに行って生ごみ処理機の現物を見たり、インターネットでも調べてよさそうなので決めました。

お忙しい中をご協力ありがとうございました。

コメント
●「バイオクリーン」の生ごみ処理能力:最大1日2Kg   
●1カ月の電気代:約600円  
●価格:6万8千円(その内市からの補助:4万円)
●「バイオクリーン」の利点:バイオ基材が長持ち。取り換え頻度が少ない
販売者CKSプランが鎌倉市内なのでアフターフォローをしてもらえる  などが挙げられます
プロフィール

超Takaさん

Author:超Takaさん
家庭から出されるごみは、貧富の差とは必ずしも比例しない。
ごみの量は、その人の生き方そのもののように思えてなりません。そういう思いを共感できたらいいなー 

カレンダー
02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。