FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未だに徹底しないごみの分別

今日(1月6日金曜日)は年明け、燃やすごみを出す最初の日でした。買い物帰りクリーンステーションを見てびっくり。群れたカラスが頑丈な金網からごみ袋を突っつき、あたり一面ごみだらけ。

年末年始1回だけお休みがあっただけなのに、出された袋は大きくズシリと重い。いたずらされないように袋の積み替え。その中に沢山のたばこの空き箱、その他紙類が混ざった袋がありました。

たばこの箱は良質の紙 ごみにするにはもったいない。 
 (1)外側のフイルムは容器包装プラスチック (2)中の銀紙は燃やすごみ (3)空き箱の紙は資源物
 紙は紙資源の日に出してほしい。

正月三が日若宮大路を清掃した時も、たばこの空き箱を6コ拾い、家に持ち帰り分別しました。

つい最近リサイクル業者から聞いたお話。「燃やすごみから紙を資源化すると、ごみはぐんと減りますよ。」 現場を熟知している人の話には説得力がある。「物には命がある。」ともその人は言います。

ごみにせず再使用し、物の命を長らえるよう心がけたいものですね。

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

超Takaさん

Author:超Takaさん
家庭から出されるごみは、貧富の差とは必ずしも比例しない。
ごみの量は、その人の生き方そのもののように思えてなりません。そういう思いを共感できたらいいなー 

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。